NUSADUA FAMILY

アクセスカウンタ

zoom RSS 父との別れ

<<   作成日時 : 2018/04/19 11:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 12



土曜日に家族みんなで父の葬儀に参列しました。

子供たちにもなるべく参列できるようにと、土曜日まで葬祭場で冷気を使って安置してもらうように計らった、喪主の弟夫婦には感謝です。

早めに到着して、父の祭壇に向かったら‥
遺影の父がめちゃくちゃ若い!とびっくりしました。
でも一度見たことがあるような‥

聞くと、母とのお見合いで出した写真とのこと。
最近の痩せこけた写真よりも、こちらの方が思い入れがあって良いと納得しました。
棺の父の姿に声を殺して泣いていると、弟一家と母が到着しました。
やはり気落ちしてるのか、しばらく私に気づかなかったのですが、手を握ると「ヌサドゥアか?」と気づき、泣くのをこらえながら「私の気持ちがわかるのはあんただけや」「産んだだけの母親でごめんね」などと言い出しました。
嫁ぐまでは母に反発していたことが多かったのですが、親になり母の苦労も分かるようになって‥
「わかってるから、もうそんなこと言わないで」と言いました。

家族だけでの焼香が終わり、棺に花を置く時弟が、父が入院中に好きだったお菓子(食事はなかなか喉を通らなかったのですがお菓子はよく食べていたらしい)と共に、
「姉貴が父の日に贈ってくれた財布も」と出してきたのには、涙が溢れてきて立っていられないほどでした。

棺を閉めるときには「お父さん、ありがとう」と伝えました。

火葬場に移動して最後の別れを。

骨上げまでの間、葬祭場に戻って昼食をとりながら、父との思い出を話したり、お互い3人子供がいるので近況を語り合い‥
事務室の中で飼われていた猫たちとも、みんなで代わる代わる触れ合いに行き、「猫好きのご家族なんですね」と言われました。
人懐っこくてすり寄ってくれますが、喪服に毛が大量についてしまい、コロコロクリーナーを借りました。
犬猫アレルギーがある次女も生き物好きなので、鼻水垂らしながら触りました。

画像


画像


画像


火葬場にまた移動して、骨上げ。
昔から肺が悪かったのですが、体力はあるからなのか、骨は結構綺麗に残っていました。
みんなで骨壷に入れ、荼毘に付すことができました。

帰りは長女のアパートへ送ってから、我が家へ。

いつも穏やかで優しかったお父さん。

私と弟を愛してくれてありがとう。

画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 46
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
かわいい

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

遺影が若かったですか
私もそうしてほしいと思います
お父上のご冥福をお祈りいたします
無門
2018/04/19 16:03
ヌサドゥアさん、こんばんは。

実は、私も先日20年来の友人をなくして、お気持ちとてもよく分かります。
お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

いつも、お立ち寄りいただき、ありがとうございます。
アイリス
2018/04/19 17:14
入院中のちょっとした話、
家族の言葉、ゆかりの品物など、
こうした時は、色々と心を
揺さぶられる出来事に合いますね。
私も両親を亡くしてますので、
身につまされるものを感じました。
お父上のご冥福をお祈りしたいと思います。
yasuhiko
2018/04/19 21:12
無門さん、コメントありがとうございます(^_^)

父自身の写真があまりなかったので随分と探したようですが、懐かしいものを選んで母にとっては良かったのではと思いました。
母の体調も気になるところです。
ヌサドゥア
2018/04/20 11:03
アイリスさん、コメントありがとうございます(^_^)

離れていることを言い訳にして、実家に長い間帰ってなかった親不孝な娘です。
私も広島に友人がいるので、元気なうちに会いたくなりました。
ヌサドゥア
2018/04/20 11:12
yasuhikoさん、コメントありがとうございます(^_^)

父には色々なところに連れて行ってもらいながら写真をあまり撮ってこなかったんだと反省しました。
子供の頃は思い違いもあって、昼食をとりながら大笑いしたり‥
遺影が倒れて来ないかとハラハラしました。
ヌサドゥア
2018/04/20 11:17
こんにちは。

そうですか。
お父上のご冥福をお祈りいたします。
お力落としのないように。
トトパパ
2018/04/20 13:36
トトパパさん、コメントありがとうございます(^_^)

昏睡状態が続いていたので覚悟していたのですが、やはり辛いですね。
思い出話には、やっぱり万博の太陽の塔のことが出てきましたよ。
ヌサドゥア
2018/04/20 19:26
遅くなりましたが、お悔やみ申し上げます。
状況が良く解る文章で、余計に悲しみが伝わってきます。
私は両親を亡くしてかなりの年数が経過していますが、年食って分かる事も多々ありました。
昏睡状態が続いていたようですが、親を亡くす悲しみは同じだと思います。
力を落とさず、前を向いて行ってくださいね。
アルクノ
2018/04/24 13:50
アルクノさん、コメントありがとうございます(^_^)

私は変わらず日常生活をしていますが、父の遺骨が家にある母や弟一家はまだ悲しみの中にいると気になってます。
ヌサドゥア
2018/04/24 21:48
お父様のご逝去、謹んでお悔やみ申し上げます。
亡くなられたと云うことは神様になられたと云うこと。
今までは遠くからしかヌサドゥアさんとご家族を見守るだけだったでしょうが、これからはずっと側で守ってくれはる。
お母様のことも弟さんのご家族もずっと守ってくれはる。
ずっとお父さんのお話が出続ける間は生きたはるのといっしょです。
そォ思てもらうのが一番です。
おーちゃん
2018/05/05 22:19
おーちゃんさん、コメントありがとうございます(^-^)

城崎温泉に泊まった朝、みんなから「おじいちゃんを連れてきたみたいな寝言言ってたよ」と言われました。
出掛けるのが好きな人だったのでついてきたかもしれません。
私も子供達に思い出話をたくさんしてもらえたら嬉しいな、と思います。
ヌサドゥア
2018/05/06 18:37

コメントする help

ニックネーム
本 文

かわいいイラストのリンク

父との別れ NUSADUA FAMILY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる