お話し会


2月24日(水)。

日差しは春を思わせる穏やかな様子ですが、

まだ結構冷たい空気のわが町です。


お話し会で小学校へ。

今日は午前中、六祝会(六年生を祝う会)があり

在校生たちの出し物やおどりなどでお祝いをし、

毎年恒例のお母さん有志(子供が卒業しててもOK)による

手づくりおやつの配布があったので給食が遅くなり、

昼休みのお話し会が短くなってしまいました。

最後にひなまつりのパネルシアターもしたかったのですが、

メンバーSさんの絵本「マリールイズ 家出する」と、

私の紙芝居「花の木村と盗人たち」しか出来ませんでした。

「ごんぎつね」の作者、新美南吉さんのお話です。

画像


 花の木村にやってきた、5人の盗人。

 かしらだけが本当の泥棒で、あとの4人は商売がうまくいかなくて

 仕方なくかしらの弟子になったばかりでした。

 4人の弟子たちは村の様子を見に行かされたのですが、みんな

 盗人になったことを忘れて、おのおの以前の職人の目で

 金目の物を見るだけでした。

 かしらはもう一度みんなを村へ行かせ、一人でいると

 子牛を連れた男の子が立っていて、子牛をかしらに預けて

 行ってしまいました。

 初めは子牛を簡単に手に入れて喜んでいましたが、そのうち

 自分を信用して子牛を預けてくれたことに涙を流して、

 美しい心を取り戻したのでした。

 子牛は返そうと男の子を待ちましたが現われず、

 村役人のところへ尋ねに行きました。

 村役人にもてなされ、かしらは正直に自分たちが盗人であることを打ち明け、

 弟子たちを別々の道へ、とお願いしました。

 4人は最後にかしらが「盗人には、もう決してなるな」と言った言葉を

 守らなければ、と思いました。

 ところで、かしらに子牛を預けた男の子は?

 村の皆で探しましたが見つからず、はずれにある小さなお地蔵さんでは

 ないか、ということになりました。

 不思議なことですが、世の中にはこれぐらいの不思議はあってもよいのでは

 ないでしょうか。


お話が思ったより長く、時間を気にして後半は

早口になってしまいました。


あっという間の一年で、あと一回で今年度のお話し会も終わりです。

        

次女がドーナツをいっぱい買ってきてくれました。

「ママが好きな、エンジェルクリーム」と言って一個あったものを

勧めてくれました。

子供の頃から大好きなものでしたが、大人になり

体格を気にするようになってからはなるべく避けてきたのですが。

次女「調べたんやけど、案外他のドーナツに比べて

カロリーは低いんやで。」

知らなかった!

遠慮なく、美味しく頂きました。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2016年02月27日 16:11
こんにちは。

今日はなんかあんまり天気が良くないですね。
今にも雨が降りそうです。

「花の木村と盗人たち」ですか。
どんな話しから知らないですわ。
「ごんぎつね」はとんちゃんが学校で劇をやってました。
ヌサドゥア
2016年02月27日 23:16
トトパパさん、コメントありがとうございます(*^_^*)

わが町も午後から曇ってきましたが、室内での研修で気にならなかったです。

「ごんぎつね」は、幼いころ弟とふざけていて怪我をさせてしまった苦い思い出が蘇るお話です。
とんちゃんにとっては良い思い出で良かったです。
同じ作者の紙芝居を見つけてやってみましたが、良いお話と好評でした。
2016年02月28日 01:45
こんばんは
おはなし会をやっておられるのですか。子供たちに良い話を広めることは素晴らしいことですね。「ごんぎつね」も何とも心を揺さぶられる話で、大人が読んでもごんは幸せだったのかと自問自答する話です。
2016年02月28日 21:11
お話会、いつも素晴らしい活動をされていることに敬意を表します。子供たちとの素晴らしい時間の様子が目に浮かぶようです。大変でしょうがこれからも続けてくださいね。
ヌサドゥア
2016年02月29日 11:38
ミックンさん、コメントありがとうございます(*^_^*)

わが子が小さいころから絵本の読み聞かせをしてきたことが、今でも少しですが役に立てていることは嬉しく思っています。
「ごんぎつね」、私の幼いころの苦い思い出も含めて切なくなるお話でした。
ヌサドゥア
2016年02月29日 11:44
ポン太さん、コメントありがとうございます(*^_^*)

息子が小学生のころにお母さんのお話し会グループの存在を知り誘われたことがきっかけでしたが、子供達の楽しそうに聞く姿にこちらも元気をもらってます。
新しい現役ママのメンバーにも来てほしいと願ってます。